031 多彩なアイデアと工夫で狭い間口を大きく活用

 

【事例 031】

多彩なアイデアと工夫で狭い開口を大きく活用

 

031尼H1.jpg「これからの人生をゆったりと楽しめる、明るく快適な家に住みたい」と奥さまの退職を機に住まいを建てられた尼崎市のHさん。計画当初は、リフォームも考えられておられましたが阪神・淡路大震災以降、構造面で不安もあったことから建て替えを決意されました。

住まいづくりに際し、問題となったのが超狭小間口の敷地条件である。Hさんの住まいは、敷地面積が約16.5坪、間口が約1.5間程度の縦長形状で、敷地の活用プランが快適さを大きく左右するとあって「まずはしっかりした設計プラン提案ができる会社選びから・・・」と家づくりの活動をされました。その過程で偶然≠ノ出会ったのがハウスネット家づくりサポートシステムであります。

 

ホームページで同社のサポートシステムを知りご相談されたというHさん。「施工実例として紹介されていた狭小地対応の住まいを見て、その斬新さに驚いた」ということで狭小地のプランニングを得意とするパートナーを紹介されたことで「安心して家づくりに臨めた」と満足されている。


031尼H2.jpg031尼H3.jpg031尼H4.jpg

 

そして敷地を最大限に活かし、「明るくのびやかな空間」への想いをかなえるために採用されたのが、広々としたオープン空間を実現する工法である。壁が最小限ですむため視界が広がり、狭小間口を感じさせない開放的な空間が広がっている。

031尼H5.jpg031尼H6.jpg031尼H7.jpg

 

また広い生活空間を確保するため、ワイドな地下収納を設置。壁面に構造体を兼ねた収納棚を設けるなど、スペースを有効活用するための徹底したアイデアが盛り込まれている。


031尼H8.jpg031尼H10.jpg031尼H9.jpg


2階には、室内と一体化して使えるウッドデッキを設けたり、床面に透ける素材を採用するなど、1階へと光を導くための工夫も採用。「天窓から光が降り注ぎ、1階奥の空間も明るく快適」と心地よさそうで外部からの直接的な視界を遮りながら、光と風を取り込める外観の格子づくりがお気に入りの奥さま。「ハウスネットは、会社選びの手掛かりを求めていた私達に、最適なパートナーと出会うチャンスをくれました」パートナー選びの大切さを、あらためて実感されている。



わが家で過ごす時間がとても楽しくなりました

031尼H11.jpg

間口が狭く、縦に長い敷地を無駄なく活用し、明るく広々と暮らしたいという要望を、斬新な発想と多彩なアイデアで見事に実現していただきました。ユニークな壁面の収納棚は、モノに合わせて自由に変化させることができるところが気に入っています。

 

 

 

ハウスネットスタッフの声

Hさん 無事に楽しく家づくりができてよかったです。おめでとうございます。最初にお伺いしたときは、日中でも照明器具をつけなければ、生活できないと言われていました。計画当初ツーバイフォーや在来工法を扱うハウスメーカーにご相談されていて、今より更に狭くなることや家の中が壁だらけで明るくなることも無理であるといわれていた状態で全てのそれらの問題点まで回避できて、これまた羨ましく思うのとうれしい限りです。

 

 DATE

 敷地面積/54.75u(16.5坪)
 延床面積/89.86u(27.2坪)   ◎商品名/狭小プロジェクト
 地階床面積/14.69u(4.4坪)  ◎工法/スタイルS(SE構法)
 1階床面積/ 34.61u(10.5坪)  ◎竣工年月/2005年7月
 2階床面積/ 34.02u(10.3坪)  ◎家族構成/夫婦

 

  地下室あり 狭小間口(1間半)の間取り

031尼Hさん間取.jpg