マンションリノベーション事例 予算組とプランニング

 

マンションリノベ1.jpg

 

成功のカギは しっかりとした予算組とプランニングである。

 

マンションリノベ2.jpg「新築よりも、中古物件を思いのままにリフォームしたい」と、築25年のマンションを購入されたNさん。ハウスネットの元登録建築士で現在リフォーム会社を経営している会社でその願いを叶え、スタイリッシュな住空間を生みました。住まい手が不要と感じている和室をなくし、ウォークインクローゼットを設けるなど、暮らしにあわせて間取りを一新。

 


マンションリノベ3.jpgマンションでも恵まれている南北両側からの採光を活かすため、オープンな間取りとし、室内ドアには半透明のアクリル板を採用した室内は、開放感がいっぱい。「パソコンスペースと一体になったキッチンのカウンターも、リビングボードもとても便利。




 
マンションリノベ6.jpgこんなに快適な住まいができたのは、多くを語らなくても要望を深く理解してくださったから」と、Nさんご夫婦。イメージどおりの住空間で、心豊かな暮らしを満喫されているご様子です。 

 

 

 

開放感と心地よさと予算に大満足

マンションリノベ4.jpg

 

マンションスケルトンリノベ費用 
689万円(税抜)/73u

Goodリフォーム記事.jpg

▲雑誌記事抜粋

大阪市内の新築マンションは、人口減少で過剰供給気味であるので余程魅力でない限り、これからの新築マンションについては、値引き合戦も繰り広げられて厳しい市場になり、倒産する会社も増える事が予想されます。また郊外の住宅地やマンションなどは、コンパクトシティと言われる時代になりつつあるのでゴーストタウン化になることも懸念されておりますので、だからこそ資産とするためには、駅近などを優先した場所で検討してほしいと考えます。

 

しかしながら何かと便利ないい場所は、中古マンションが多いものですが、それであれば一度すっからかんのスケルトン状態にして間取り変更まで含めて好きにリノベーションをして暮らせばいい。もちろんマンション暮らしでもあなたがいいというのであれば・・・です。


最新  電話.jpg

__sozai__/0010594.jpg __sozai__/0010694.jpg