プロとのギャップどう埋めます?

 




あなたは、偶然ホームページでこのハウスネット≠見つけるということは、家づくりに対して非常に真面目で勉強熱心な方だと思います。


もしくは、今すでにトラブルがあったり、この先進める事が不安になったり、色々な言葉で検索していて、おそらく “偶然に” 見つけていただいたあなたをその家づくりで、悩ませたり、凹ませたり、混乱させたり、失敗させるわけにはいきません。

 


早速ですがそんなあなたに家づくりについて、非常に重要なポイントをお教えします。
   

実はこれ読んでしまえば、「なんだこんなことか・・・」 とあたりまえのように感じるかと思いますが、家づくりをはじめてみると まさしく“ミイラとりがミイラになる”状態となり、ほとんどの皆さんがプロの営業テクニックに見事なまでに価格を含めた多くの様々な誘惑にのせられ、気がつけば、プロのペースで商談はすすみ、冷静に考えられなくなるのですが、少しでも疑問を感じ、真面目に色々と調べるあなたは、このページを読んで実行するだけで、あなたご自身の家づくりが成功する確率は、ぐっと上がります。


では早速、あなたの気持ちと頭をもう一度整理してみます。

 

あなたの家づくりは、建て替えでしょうか?
土地から探す新築でしょうか?
中古住宅やマンションを買ってリフォームすることでしょうか?

 

いずれにしても、一大事業なのでどんな家づくりでも、夢や希望に満ちあふれ、考えただけでワクワク ゾクゾク≠ニ楽しくなりますが、まずは、その気持ち忘れないでください。これが家づくりの基本であります

 

ところが、実際あなたのまわりでいずれかの家づくりをされた方から様々な不平不満をきいたりしていませんか?

 

家づくりって 大変なだけ・・・
思うようには ならないもの・・・
所詮 こんなものかという感じ。


さて、あなたも、実際にいざ進めてみると・・・


ん?この家づくり なにかちがうぞ・・・
こんな時点でなんで契約となるんだ?

半信半疑で、ここまできたが時間がないし・・・
かなり偏った考えや情報で進んでいるのでは?


これほど押し付けられたりするものか?
そもそもこの価格やプランでいいのだろうか・・・ 


あなたは、家づくりを楽しむ≠ヌころか、今の家づくりは、疑心暗鬼なままで進めはじめた途端に、ほとんどの方が、悩み・相談・疑問がたくさんでてくるようです。


余談ですが、私自身長く業界にいながら、このサポートをはじめる前の平成12年の自邸で施工力のない営業力だけの会社≠ナ満足できない家づくりを経験しました。


その失敗の経験の後、平成13年4月に相談があった知人でもある福井さんの家からはじまり(経緯はこちらで)、これまで既にメールや電話 面談による累計6000件を超えた数々のご相談でも、ヒシヒシと感じるのは、やはり今の家づくりは、プロ側が有利に主導権を握って進めるままでは、家づくりにおいて素人である依頼者側のお客さまのこれらの悩みは尽きることがないように強く感じております。 

 

では なぜ あなたの夢のある楽しい家づくりのはずが、こんな疑心暗鬼の気持ちの家づくりになるのでしょうか?

 

建て主であるあなたをはじめ、ほとんどの方は、はじめて経験する家づくりであり、一方相談している相手は売る立場の人であり、売る側は、毎週毎日、百戦錬磨で様々なお客さまに接してきています。


なのに高額な買い物でありながら、この買主と売る側との知識と経験のギャップをどのようにして埋めるのでしょうか?

 

 ・あなたは、はじめての家づくり、プロは百戦錬磨です
 ・あなたは、相談であっても、プロは商談です
 ・あなたは、ゆっくり考えたくても、プロはすぐ契約
 ・あなたは、調べているのに、プロは他社批判ばかり
 
・あなたは、こんなはずはないプロはこんなもの
 ・あなたは、売り込まれたくない、プロは売り込む
 
・あなたは、よくわからない、プロは 押し付ける
   

 

いまの時代、ネットで調べればある程度の情報は得ることが容易にできますが、その結果、当然ながら情報過多となり、結局は、何がよくて何が悪いのかは、それぞれが自社商品などを売る立場からの情報であるので、純粋な気持ちの建て主が情報収集すればするほど洗脳されるか、逆に警戒ばかりが強くなり、冷静な判断はできなくなるようです。

   

仮にいくら勉強しても得られる知識はある限度までに限られ、同時に何事にも半信半疑になってしまい、結局最後には、怖くなって、踏み込むこともできなくなる方もおられます。

 

今の日本の家づくりは、こんな感覚をもつのは、あなただけではないのです。高額であるにもかかわらず、第3者的な立場のプロ(素人ではなく)に客観的に相談できる窓口がない・・・それが問題なのです。
    

現在の家づくりの問題や疑問をできるだけ回避し、スッキリ!!させ、あなたのご家族の要望にあった家づくりのできる可能性のある理想のパートナーとの家づくりは、きっと建て主もプロも、気持ちよく楽しいはずなのです。

そのパートナーは、あなたが最初に何気なく見つけたA社≠ゥもしれません。たまたま知り合ったB社≠ゥもしれません。しかしながら、ご友人が建てた家づくりの依頼先が、あなたと相性があうとも限りません。
 【実際に断りにくくて、よく相談される方もおられます】


つまり、あなたのご家族の要望条件のあった家づくりをしてくれる可能性の高い依頼先の中で、真面目で相性が合う空気感が良い相手があなたの家づくりの最良の依頼先なのです。

 

あなたのご家族の要望に添う家を建てた経験もない会社であったり、相性も悪く空気感のおかしな相手は当然ダメで、そんな会社との家づくりは、不一致のはずで満足や成功する可能性は低くなります。



さてこれで もうおわかりいただけますよね。


他のページでも何度も申し上げているように、プロは、得手・不得手があっても、立場上あなたにできない事を“できない”とは言わないものです。契約をしたいので建築屋なので何でもできます≠ニいうところは多いものです。


でもそんな場合、それをできるだけ“やりたくない”だけで、主導権を握ってからそれを否定や批判≠オたり、意図的に高額になるとお伝えして、あなたを不安にさせるような情報を発信して自社が得意とする都合のいい方向に仕向ける家づくりを進めていきます。

 

こういうすすめ方の家づくりをするとあなたの家づくりの夢は当然ながら不信を感じたり、時には不愉快になったりして、家に対する信念や考えが崩れていきます。

   

またプロである方々もチェック機能がないままなのでできているつもり≠ナあっても、本当にできているプロからすれば、それを“できている”とは言えないケースも多いものです。

 

そのプロがいう “できている” との違いは、そのプロからの回答例で、“経験はないが、おそらくできると思います”というニュアンスとなります。


ということはこの感覚は、仮に受注した際には、まる投げするつもり?なのでしょうか?とも考えられます。本当にできる協力業者にまる投げして、なんのリスクなく利益を上乗せするだけなので、当然経済的とは言えず、コストが高くなったりします。


一方、本当にできる会社の回答は、“過去何棟もご提案して実際に建てています” と言って、これまでの実例写真や経験を話すことができます。


それらを含め、今の家づくりは、プランや価格や会社の得手などを踏まえ、表面上のことも含め、はじめて家づくりをされる方が、全て自ら判断しなければいけないのです。

 

・・・これって やっぱりおかしいですよね。

 

でもこれは、もちろんあなたが勉強や経験不足などの問題ではないのです。高度成長期の時代からの常識とされている現在の家づくりが問題といえるのです。


こんなことをご理解した上で、あなただけは、適正な価格の提示をする依頼先を見つけて、いい家づくりを楽しくしましょう!
どうせするなら、楽しい方がいいに決まっています!


その住宅業界のプロ達に高いレベルで緊張感のある提案や商談で競っていただき、あなたへのアドバイスやサポートをしながら最も適した方法や依頼先を選択して、そのベストパートナーと具現化していくことが本来の家づくりであり、高額でありながら、今カタチとして見ることができないからこそ、安易に決めることではない! と思いながら家づくりに取り組みべきであります。


あなたが、真面目で本当にその気があるなら 愚直で真面目で家づくりが好きなハウスネットの優良登録者のプロ達でサポートします。





家づくりのご相談は
TEL06-7897-8002 

ホームページからは こちら
資料請求は こちら