スケルトンインフィル2SI.jpg

スケルトンインフィル1.jpg

 


ここのページでは、住宅業界で流行の言葉のようなので、まず皆さまが、最近よく耳にする
スケルトン&インフィルという考えをお伝えします。

 

まずこの言葉の意味ですが、検索されたらすぐにわかりますが、住宅で言えば、スケルトンが骨組みつまり構造体で、インフィルとは、内装・設備や間仕切りなどの事を指しています。

 

とかく、これまでの在来工法やツーバイなどは、耐力壁などの壁量でもたせて、耐震性を高めるという発想でしたが、間仕切り壁も耐力壁の一部として設計しなければならず、将来の変化に合わせた間取りの変更などはむずかしいと言われていました。

 

そもそもこの考えは、インフィル部分がスケルトン部分とお互い干渉することがない耐震性の高い構造体をつくることができれば、構造を気にせず自由にインフィル部分の変更をおこなうことができるようになり、将来のライフスタイルの変化などあわせて長く暮らせる住宅をつくることができる!という発想を強調して書かれています。

 

確かにこれだけ読めば、なるほどですね。

 

これが身近な事例で最もわかりやすいのは、マンションなどは、壁式構造でない限りほとんどがスケルトン&インフィルとなっています。スケルトン部分が鉄筋コンクリート造で、間仕切り部分はあとでつくられていますので、ほとんどのケースでは取り外しできるようになっています。



さて皆さんにここまで話せば、ある程度わかってきますが、そこでここからご注意です!


これらの話をごもっとも≠ニ感じて、だからと言ってすぐになんでもかんでも、大開口ができる事を強調している工法で建てた方がよい!!≠ニしてその工法や会社まで決めつけて、家づくりをする会社を絞り込む考えは、絶対にやめた方がいいです。

 

その理由は、

 

@あなたが希望する在来工法やツーバイフォー工法でも十分に対応可能なプランかもしれません。

Aそもそも壁が一切気にならない間取りでできるかもしれません。

Bベースが在来工法が基本で一部だけ構造補強材(門型フレーム)を使うだけでクリアするかもしれません


・・・などであり、例えば下のような事を意味します。

 

スケルトン3門型フレーム.jpgスケルトンイン4門型フレーム.jpg


皆さんが、ある工法の偏った情報を聞いたり、その資料を見たり、見学会で構造体を見て“これはいい!”と感じるように洗脳されて、その工法だけに絞りこみ、その取扱いができる加盟店に絞って、ご依頼先を決めるということ進め方は、結局は、家づくりをする会社の選択の幅を狭めていることになり、そもそも過剰な構造材を採用するのでそれらにかかわる部分の価格も高い上に、それを扱うプロから、視野が広いとは思えない段階の皆さんに対して、足元を見られて過剰な工法で高い買い物・・・なんて事にきっと≠ネるからです。


でも、その大開口をウリとしている工法を扱う会社とコストの面であわなかった方がハウスネットに相談されてきた際のプランを見ると、そのプランが、実は在来工法であっても、何の問題もないプランもあったりしたりするものが多くて、それだけで単純に100万以上のコストダウンなったりするものなのです。

 

同じプランであるのに、A工法を採用する場合は、在来工法より100万以上のコストアップと提示を受けた時に、そのどちらを選択するのかは、お客さまご自身が考える事であり、このような提案こそ、プロとしてするべきだと思っておりますが、実際現場では残念ながら、加盟しているからこそより高い工法を選択させるためにあまり価格は変わらないという嘘の情報を発信する会社が多い事は残念です。

 

つまり、スケルトン&インフィルといっても、全く間仕切りなくがらんど≠ノする訳でもなく、マンションであっても一切の間仕切りがないわけではありませんし、意外にも、LDK以外は、将来間仕切ったり、間仕切りをまた外せたりすることができるようにと、子供部屋ぐらいをどうするか?という程度。


注文住宅ではない中古や建売を買って、使い勝手の悪い方以外は、大幅に間取りを変えるという方は、ほとんどおられないのも現実といえるものなので、特に2階のリビングを1階になどはあり得ないケースの方が多いです。


スケルトン5.jpgでも例えば、右の絵のように最初は壁など必要もなく、次第に単室に変え、成人して独立したらまたその間仕切りが家具などで容易に外せるという程度などで十分かと思います。


もう1つの大切なことは建て主のリスクがあります。


ある工法が、誰でも扱えるオープンな工法ではなく、高額な費用を払って取り扱う事の出来る加盟店しか扱えないクローズドな工法というのも至ってクセモノと言えます。


さて将来、まずその工法の供給している会社が倒産したり、取り扱いを中止したらどうなるのでしょうか?


しかも、将来メンテを頼む際に、建てた工務店がいつまでも存在するとは限りません。その際に他のどこかの工務店さんに頼んだ際、その工法の加盟店でないのでわからない!というご返事をされることになります。その特殊な工法を選んだばかりに・・・なのです。(ハウスメーカーの特殊工法も同じです)


このあたりもしっかりとよく考えた上で、コストバランスも加味して依頼先や工法を選択される事をオススメいたします。


基本は、工務店に頼む場合、先々のメンテナンスなどを考慮し、どこの工務店でも扱えるオープンな工法からはじめることがベースかと思いますし、あまりスケルトン&インフィルという流行りの言葉に誘導されて、特殊な工法に絞リそれを扱う家づくり会社にする必要はないと思います。

 

建て主であるあなたのための事を本当に考えている家づくりの会社なら、コストバランスも含めて、在来もツーバイも含めて検討できる環境の家づくりが、本当のプロの提案する家づくりと言えます。


またある工法では、全棟を構造計算をする≠アとを強調している工法もあったりしますが、答えは至って簡単。

 

あなたも、費用をかけて構造計算してもらえばいいのです。現在の建築基準法では、木造2階建て以下の住宅に関しては「構造計算」をしなくてよい。。。という例外を認めていますが、それが気になるならあなたのご家族の家は、2階建てでも構造計算をしてもらえばいいのです。


そう、それだけの話です。

 

ハウスネットで工務店の実績が多い理由はここ!  POINTひらめき


各工法それぞれ得意とする会社で、プランや価格の比較検討できるからです。

また、ハウスネットに登録している優良登録店は、財務状況をはじめ、現場などの対応、報告・連絡・相談、体質、得手・不得手などの審査とこれまでその会社で家づくりをされた方々の評価を含めて、ご紹介する際にご判断しています。  

 

加盟して特殊な工法を売りにしている会社ほど、家づくりのご相談するときっと当然ながら洗脳して売り込まれることになります。

これらは、あらゆる工法に関して言えることで、あなたの家づくりに客観的に見ても相応しくないという場合やあきらかに過剰と感じる工法であっても、売る@ァ場であるプロとすれば、ほかの工法を営業段階でできるだけ否定して、その工法を売りつけようとされるものです。わかりやすい事例は、鉄骨系が多いハウスメーカーが、木造を否定するという点です。


アドバイスとして言えることは、あなたが、もし漠然と工法に関してこだわりがないのであれば、プラン段階では工法に関係なく、プランを最優先にして家づくりをしてほしいと願います。


狭小間口の3階建てなどでも、在来工法で経済的に建てている方は多いものです。もちろん構造計算上ムリであれば、その対策を講じるのが、本当の意味でのプロと言えます。


いずれにしても、色々な工法で比較検討すれば、あなたはわかりやすく何かが見えてくるかと思いますので、くれぐれも洗脳されないでくださいね。

 

もし、あなたがある工法で建てたいと決まっているのであれば、その工法を得意とするパートナーから選択して気持よく、家づくりを進めればいいのです。 それが、あなたのご家族にとって最適な方法であり、あなたのプランに応じた工法が最適な工法といえるのです。

 

 



■ 家づくり&住宅相談の窓口 ■ 

ホームページからは こちら
TEL 06-7897-8002

資料請求は こちらから

 

>>>TOP PAGE
>>>THIS TOP PAGE