希望する家1.jpg

 

住宅展示場に建つモデルハウスのように間口が広く建てることができるほど理想の広い敷地で真四角であれば、あなたが希望する家は、建築基準法さえ守れば、どんな家でも建てることができます。

 

仮にそれが狭小間口や変形敷地であっても、限られた敷地も限りないアイデアで広くなります。住宅設計のプロの提案力というのは、そういうものです。設計力というのは、同じ坪数でも広く感じる!という差があったりします。そうでないなら、住宅設計のプロとは言えません。

 

しかし、この住宅設計に関しては、素人である依頼する建築主は、あなたが希望した通りのままのプランができても、プロならではの発想が加味されたプラスアルファのなるほど〜≠ニいう提案を求めているあなたにとっては、きっと何か物足りなく感じることになるでしょう。

 

でも 実際にはこんな対応をされている工務店やハウスメーカー中には、1級建築士であったり設計事務所もリフォーム会社も多く存在します。

 

しかもこの場合は、ほとんどのケースで希望どおりに家づくりをしたとしても、実際に生活をしてみたらその使い勝手の悪さや無駄の多さを感じることになったりします。

 

それに関して、例えばあなたのご家族が 「ここの使い勝手が悪いんですけど・・・」といっても、その家づくりをしたプロは、「あなたがこうしてください!と言ったのでその通りにしただけです」と言われますので、それを聞いたあなたは、言い返す言葉がなくなり後悔されたりします。 


そんな時は、一度しっかり考えてみましょう。そのプロとプランのオハナシをした際に 「このあたりの使い勝手はこうなるので悪くなりますよ…」 とご説明がありましたでしょうか?それを回避するための別提案は、ありましたでしょうか?


もちろん、家ができて使い始めてから気づいたことは、ある程度、仕方がないことはありますが、家を建てる、リフォームする前にある程度の懸念される事や問題点なども指摘されて、その他のいくつかの別提案なども見ながら、図面の段階で納得できるプランを詰めたいものです。

 

また例えば、壁でもたせるツーバイフォー工法を提案している住宅会社などでは、将来の間取り変更がしにくい事やそのための今の間取りを考えているなら別ですが、それを加味されて間取りの提案がされているのでしょうか?

 

壁がなければ、将来もすっきりできるのにその壁がそもそも気になるようなプランが提案されている事もあったりします。


逆もしかりで、別に壁があっても気にならないのにそれをなくすことだけで工法そのものが過剰提案で高くなっている事もよくありますが、これらは、あなたのご予算を無視された提案とも言え、コストとプランのバランスがとれていない偏った提案であるとも言えるのです。

 


その壁があるのとないのだけで
100万以上の価格が経済的になっても
あなたは その壁をなくしますか?

希望する家4.jpg

 

壁をなくしても扉がそこにあるなら同じことになりますし、仮に同じ工法でも、きっとその壁も気にならないプランを提案する会社もあるはずです。

 

それがプラン力というものなのです。
それが、あなたのご家族に相応しい家づくりのパートナー(ここでは設計の)なのです。

 

つまりプランより先に工法がまずありき≠ニいう考えではなく、あなたのご家族が望むプランは、どの工法なら可能か?と考えるようにしてください。

 

例えば、ツーバイフォー工法などは、壁を必要とする工法ですのでツーバイフォー工法だからこれしか無理という事ではなく、どこまでできるのか?将来、増築や間取り変更することはないのか?などを考慮されて採用されればいいのですが、そのような特徴もさほど考慮せずに漠然とツーバイフォー工法を扱う住宅会社にご依頼されたりするので希望の間取りが実現されない方も多いようです。

 

他にハウスメーカーのオリジナルな工法やパナソニックのテクノストラクチャーやSE構法(SE工法)などのようにその供給会社や加盟店のみが対応できる特殊工法は、逆に言えば、在来工法ではないので一般の工務店などは扱えないのですが、例えば1階だけにインナーガレージのために大開口が必要であれば、その部分のみ門型フレームなどで対応する事が出来るので構造と構造計算の部分での大幅なコストダウンが抑えることができますが、勿論そんな知恵をそれを扱う加盟店である工務店などが残念ながらあなたに教えることはありません。もちろん将来何かあった時にはその供給先であるハウスメーカーか加盟店のみの対応となることは、購入者である建て主にとって大きなリスクとなります。


希望する家6.jpg

 

同時に安易に採用されるこのSE構法(SE工法)やテクノストラクチャーなどの特殊な新工法は、集成材+金物+構造計算+システム費用となっておりますので 大開口部分でないところまでも集成材が必要となり、一般の工法よりも必ず高額になるということは、理解すべきであります。


もちろん! 建て主の方もそれらをご理解したうえで依頼することはOKとも言えます。

     

   ご参考 次項有 小さいよりも広く暮らしたい!

狭小間口住宅プロジェクトは こちら

 

だから、一方でどこでも扱える在来軸組工法は、未だに根強い人気がありそれらに比較すると柔軟に大幅にコストダウンができる工法であると言え、外装・屋根の形状も色々工夫でき、様々な表情の住宅を取り組む事ができますから、ひとつひとつの部材を確認しながら、あなただけのオリジナルな家を建てることができます。


ただ工務店の知識と意識、大工の意識と経験、熟練度に左右されやすく、体制やその依頼する価格や発注方法、組織の大きさや利益額の設定と考え方や仕様や施工方法もバラバラなので、建売などの欠陥住宅のほとんどは、この在来工法であり、取り上げられることが多いのもこの工法でありますが、自然素材のヒノキや杉などを使用した家も多く、同時にローコスト系住宅会社も、この在来木軸工法であり、構造材の調整や削減で価格は、どうにでもなるものだということで建売や分譲の下請けをする工務店などは、採用している会社も多いものであります。


だからこそ、ハウスネットの家づくりは、特に技術に差がでるこの在来木軸工法については、まだ任意であった時代から、構造材のチェックなどを工務店任せにしないで、保証もする第三者を介入させてチェックしてもらう事を積極的に推奨していましたが、今では時代が追いつき義務化され、住宅瑕疵担保履行法により、第三者機関検査がされますので、建て主である皆さんにとっては耐震偽造問題の以前より少しは、安心になった≠ニ言えます。


こうなれば、あとは、同じ仕様、同じプラン、同じ性能であれば、価格の差がある理由をしっかりと探して冷静にそれを分析するだけで、出される資料で誠意もわかりますし、家づくり会社の思惑や実態が自然と見えてくるかと思います。

 

ご参考までに工法については、この在来工法では、木軸工法以外に先ほど申しましたツーバイフォー工法があり、他の工法としましては、加盟店しか扱えない特殊な新工法や大手のハウスメーカーで多い計量や重量の鉄骨造とマンションで多い鉄筋コンクリート造などがあります。



デザインとしては、言葉とそのイメージが各々バラバラなのですが、和風、洋風、和モダン、洋モダン、シンプル、シンプルモダン、ナチュラル、スタイリッシュ、キューブ風とか色々な表現がされますし、
例えば、サンタフェ風や新しいけどなにか懐かしい、そしてなぜかほっ≠ニするような癒される現代風の和風と自然素材で囲まれた家の違いなどは言葉だけでは伝わりにくいものです。


昔の家のように壁は聚楽とか漆喰塗りにして柱などの構造材がそのままデザインになるのも、真壁造りと言われる特徴の在来軸組み工法であります。


無垢の木で囲まれたい方には、推奨できますが、同時に皆さんには、基本的にあまり今の流行を追っかけない事もオススメいたします。

 

その理由は、流行は所詮はやりであり、数年もすれば、それが時代遅れの外観となります。
できるだけ海外のように空きのこない家づくりを心掛けてほしいです

 


木造軸組工法の説明
住宅性能表示制度   
ツーバイフォー協会  

 

 

ですから、あなたのご家族は、まず木≠ナ建てたいのか?鉄≠ネのか鉄筋コンクリート造≠希望するのか?をしっかりと考慮されてから家づくりをはじめるようにしてください。

 

その際には、あまり早い段階で工法≠絞らない事です。プランも会社も家づくりも見ないで、先に工法≠ゥらご自身の家づくりを絞ると、間違いなく選択の幅が狭くなり、結果的に必ずプロに足元を見られ、高額で非効率な家づくりをする事になりますので気をほしいと願っています。


同時にあなたが木≠ナ建てたいのに鉄骨工法を売る会社≠ノ家づくりのご相談などをするから木造≠否定する情報を発信されて不安になるのです。もちろん、逆も然りです。


その点、ハウスネットでは、あなたのご家族の希望を聞いてから、適正な工法を判断して、それぞれの工法を得意とする適正である依頼会社を導き出して、その依頼先もご紹介もできますので、工法は結果で考えるプランづくりからはじめる事が可能となっております。


あなたが希望する家を無駄なく建てることができるパートナーと家づくりをする。
それが、家づくりの成功のまず一歩。 


でも、いきなりご紹介を希望するまえに、あなたのご家族の家づくりのご確認事項を含め、まずはハウスネットに資料請求ご相談からはじめてください。

 

 

電話基本.jpg

 

>>>TOP PAGE