あなたが借りることができる額と返せる額

 

 

土地から探されている方、分譲住宅やマンションを購入予定の方、中古住宅を買って建替えたり、リノベーションやリフォームを仕様としている方、いずれ誰にとっても、お金のハナシを避けることができません。現在の収入から、支払から、いくらの予算が組めるものかを考えなければ、不動産や住宅を選ぶことも計画もできません。

 

返せる額1.jpgですから、皆さんのご家族も無理のないわが家の予算というものをしっかり知っておかなければなりません。

 

例えば、現在賃貸にお住まいの方の場合、家賃のみの支払いぐらいで、分譲マンションなどで必要となる管理費や積立金、所得したことによる税金などの支払いをする必要ありません。逆にいえば、家を買う、建てることによって、そういう今までに必要でなかった費用の支払いも膨らむということになります。

 

さらにこれから子供が成長するにつれて、学費や生活費なども嵩むことを考えると本当に支払っていけるのだろうか?などご家族のライフ&マネープランを組まなければいけません。特に住宅ローンは、長期にわたって金利が絡むので、しっかりした計画をする事が必要で無理は禁物です。

 

しかしながら、家賃を払っている人で仮に12万ほど払っているとすると、そこに30年も住み続けると4320万払うことになります。(この金額は、金利は含まれていませんので誤解なきよう)


これらにガレージ代などの支払いを加算するとそれだけ払っても、将来手元に何も残らないまま年金暮らしに入るとなるともったいない≠ニ考えはじめている方も多いかと思います。


これらを前提に、まず頭金のハナシで皆さんは、いくら用意しなければいけないものか?という点です。


時折、分譲チラシなどを見ていると “頭金不要!全額ローン!!” とか “120%ローン” とか用意されているのを見かけますが、それは、本当に皆さんのご家族にとって喜ばしいことなのか?をよく考えるべきかと思います。

 

返せる額2.jpg少し厳しい言い方をしますが、そもそも家を買おう! 建てよう!! と思ったはずなのに、頭金は一切ない、つまり貯めることができない生活を続けているということにもなり、現在の家賃だけとの比較ではなく、その家賃以上に住宅ローンを借りることになれば、金利が上がれば負担額も増えるし、管理費や税金などの支払いも必要となりますが、一切貯蓄ができなかったのであれば、その余裕ない生活で果たして、この先ずっと支払うことができるのでしょうか?無謀な計画ではありませんか?となります。


低い金利の変額金利ローンの支払額と家賃との比較だけをして、皆さんを錯覚させている分譲などのチラシに惑わされずに、払い続ける必要がある税金や先々のメンテナンスなどの費用もご自身で用意しなければいけません。

 

もちろんローンを借りすぎて返済することが大変にならないためにも、皆さんは、まず“貯蓄ができる体質”に変えることから始めてみてはいかがでしょうか?


そんな意味からも、新しい家に住むためには、家具や照明器具、引っ越し費用など様々な費用も必要となるものなのですから、まず頭金2割以上を目指してください

 

 

次に住宅ローンについて考えてみましょう。

 

家を建てる際には、どんな家を建てるのか?という点と住宅ローン≠ニいう商品を買うことが必要であるという意識を持つことが大切です。となれば、住宅会社や不動産屋、工務店が提携したり、推奨してくる住宅ローンだけではなく、今の時代では、ネットバンクを含め、様々な住宅ローンを検討するようにしてください。

 

その住宅ローンについてご自身が調べて、いくらまで借りることができるか?を把握することが必要となってきますが、それは、あくまでもMAXの融資額を知ることであり、MAXのローンを借りる家づくりをする必要はないのです。

 

ここで、注意!ひらめき 
   
特に価格がまだ決まっていない注文住宅の場合、この住宅ローンの審査について、あなたの年収までわかる“源泉徴収など”を住宅を売る立場である不動産会社やハウスメーカーの営業マン、工務店の方に安易に渡し、審査の依頼をするから、借りることができる額MAXの家づくりとなり、高くなるのですよ。


おわかりいただけますか? 


返せる額3.jpg仮に皆さんが、その営業担当者に源泉徴収などの資料をお渡しして、融資先の審査の結果、支払い率が高く設定されていて5000万まで借りることができるとしましょう。既に土地の費用や手数料が明確になっているので、その費用を引き算した残りの金額、仮に3000万とするとあなたの家づくりは、できるだけ経済的に2000万で家づくりをしたくても必ず3000万の家づくりとなるのです。


この理由は、信頼して全てをさらけだして、ローンについての審査を売上・粗利必達主義の営業担当者を通じて依頼するからこのような家づくりになるのです。


ですので、このページをご覧のあなただけは、まずご自分の足と目と耳で借りられる範囲を理解することを調べることからはじめてみてください。もちろんあなたのご家族が借りれる額いっぱいローンを借りなくてもいいのです。


それらは、年収に占める年間返済額の割合(=年収負担率)を何%程度で考えるかにもよります。

 

一般的には、15%-25%が目安と言われていますが、民間の銀行では、35%まで可能というところもあるようですが、年収の35%というのは、かなりの負担となるので、ハウスメーカーや不動産屋がオススメしてきても、皆さんはよくお考えになってご判断してください。

 

これがいわゆる借りることができる額となります。無理は禁物です。

 


◆年収と年収負担率の上限 


 

15% 

20% 

25% 

年収

400万

 50,000円

66,700円

83,400円

500万

 62,500円

83,400円

104,200円

600万

 75,000円

100,000円

125,000円

700万

 87,500円

116,700円

145,900円

800万

 100,000円

133,400円

166,700円


年収から負担率を計算した額です。計算方法は、年収÷12か月×負担率(%)でできます。もちろんできるだけ負担率が低い方が理想ですが、当然ながら借りれる額が低くなります。 

 

◆毎月の返済額から計算した場合の借入額の目安 ※金利3%で試算 単位万円

毎月の返済額

 

 7万円

 8万円

 9万円

10万円

11万円

12万円

借入額

30年返済

1660

1890

2130

2370

2600

2840

35年返済

1810

2070

2330

2590

2850

3110

 

 

◆100万あたりの毎月返済額

 

 返済期間

15年

20年

25年

30年

35年

      

  

金利 

1.5%

6207円

4825円

3999円

3415円

3061円

2.0%

6435円

5058円

4238円

3696円

3312円

2.5%

6667円 

5299円

4486円

3951円

3574円

3.0%

6905円

5545円

4742円

4216円

3848円

3.5%

7148円

5799円

5006円

4490円

4132円

 

一方、金利と期間により、当然返済額は変わってきます。金利が高ければ、期間が短ければ返済額は増えますし、返済期間が倍になっても半分にはならないのも特徴です。

 

これらを踏まえて、その借りられる額≠知った上で、次に返せる額を考えるようにしてください。 例えば、あなたの年収500万とすれば・・・

 

 

計算方法  

@ まず毎月返済額を求めましょう。

年収500万年収負担率20%であれば、年間返済額100万。つまり負担率20%の場合、月返済額は、100÷12=8.3万。年収500万年収負担率25%であれば、年間返済額125万。つまり負担率25%の場合、月返済額は、125÷12=10.4万となります。

 

A 借りられる額を求める

この計算は、毎月返済額÷100万当たりの毎月返済額×100万で求めることができます。仮に100万あたりの毎月返済額を金利3.0%で30年返済とすると上の表から4216円。35年返済では、3848円となります。つまり負担率20%の場合で3.0%30年返済の場合、8.3万÷4216円×100万=1968万円。負担率25%の場合で3.0%、35年返済の場合、10.4万÷3848円×100万=2702万円 となります。

 

ちなみにこの金利負担額は、仮に全期間固定とすると10.4万×12か月×35年=4368万円となり、1666万円分が金利負担となります。つまり、住宅ローンという商品で生み出す銀行の利益となります。こう計算すると驚かれるでしょう。そうです!もう1軒小さな家が建つ勢いなのです。


しかし、例えば300万を3年間かけて、これから貯めたほうがいいのか?今スグ建てたほうがいいのか?ということになります、結論は何ともいえません。これらをわかりやすくシュミレーションしてみましょう。


例えば、全期間固定としての金利3%、35年、3000万借り入れするとします。この場合上の表から、毎月返済額は、30×3848円=115440円となり、総返済額は、4849万ほどになります。


ところが3年後に金利が仮にそのままの3%で、32年返済として2700万借りますと月109462円となり、総返済額は4503万円となり、346万円下がり、46万の金利負担が減ったことになります。


では、金利が0.5%あがったとして35年2700万借り入れ可能とすると27×4132=111564円となり、総返済額は4685万円ほどとなり、164万円しか減らない、つまり136万の損となります。

 


いかがですか?

 


返せる額4.jpg無理のない、無茶のない住宅ローンを考えると意外にも、ローンが組めないということが理解できるかと思います。

 

逆にいえば、負担率を高くすれば、単純にあなたの借りれる額は多くなりますし、不動産や分譲会社が誘導する金利が低い変動金利で試算すれば、あとの支払いはどうあれ、多く借りれることができる理屈になります。


ですので、あらためて言うまでもなく、あたりまえのようですが、住宅ローンはできるだけ借りないというのが大原則であり、それを忘れずにその感覚を麻痺させないで、仮に借りるにしても、借りることができる額*條zを借りる家づくりをするのではなく、返せる額≠ゥら身の丈を考えて、さらに家づくりについても経済的にできる方法をしっかりと考えるようにしましょう。


1円でも多く売ること、利益を上げることは、つまりできるだけの借金をあなたにさせることが目的となるので、プロ任せにしない住宅ローンを組むことが経済的で成功する家づくりの第一歩です。

 

これらを意識するだけで、家を建ててからのご家族の満足感は、必ず違ってきます。


ハウスネットは、これが本来の本当の家づくりであると思っております。

そんな真面目なあなたの家づくりをサポートしております。 

 

 

電話ください1.jpg


 

 

 

>>> 家づくりにかかるその他の費用について

>>PAGE TOP

>>ホームページTOP