色々と探した結果この仕組みに辿り着きました…(高槻市/Iさん)


__sozai__/0016112.png 相談しても商談としてはじまる家づくり!?


とても慎重な家づくりの進め方をされた高槻市のTさん。結局は、このTさんのように家づくりに関して丁寧に時間をかける方法が最適な道では?と感じた案件です。

   

家づくりを始める場合、ほとんどの方が思い立ったが住宅展示場・・・で、まずはもっとも敷居が低い住宅展示場のモデルハウスへ行ってからハウスメーカーとの家づくりからはじまります。 

 

夢のような大きさで快適な空間を見て、価格を聞くと○○万円〜といわれると誰しもその掲載価格と今見ているモデルハウスを合致させて、依頼する会社を絞り込んで進められます方がほとんどであり、そのまま何も疑問に感じず、家づくりを進める方もたくさんおられますが、プランを出されて見積もりを見て何かが違うなぁ。。。と感じる方も多いようです。

 

いずれにしても建築家であれ、工務店であれ自社が契約できるように仕向けられた話をされるのは当然であり、つまりTさんのように手始めの相談のつもりであっても、よーいスタートの地点でプロからすれば商談となっています。


そうです。商談相手は多いのですが、本当の意味での相談相手は存在しないのであり、これが今の家づくりのおかしな部分であります。

   

その相手がハウスメーカーであれ、建築家であれ、工務店であれ、どこで建てるにしても、建て主の方が本当の家づくりを進める方法を身につけていただくだけで、その経験を生かしていただいて、その周りの方に伝えていただいて、一人でも多くの方が家づくりを失敗しない方法を身に付けることができると信じて家づくりサポートの事務局をしております。 

    

この高槻にお住まいのTさんは、住宅展示場で知った色々なハウスメーカーと相談(商談)されたあと、そのご対応などに満足されずに、ハウスネットにも当初は、半信半疑でご相談されてきましたが、このシステムをご説明すれば、すぐにご理解のうえご納得されました。

 

まずは、ご予算からの器の大きさを想定した上で、プランを固めるという意味でプランニングをしてもらうために3社の方と面談する事からはじめてもらい、プランを絞り、その同じ図面で3社に見積もりをご依頼され、結果的にプランを絞ったうえでその施工する会社も絞って、とても満足される家づくりをされて無事に完了しましたが、こちらの案件は、某雑誌でも掲載された事例です。


相談事例 高槻市Tさん.jpg

 

記事はこちら

http://housenet.jp/article/13418961.html