特集

なるべく予算を抑えて土地をみつけて
注文住宅を建てたいが いい土地が見つからない

 

いい土地を探して注文住宅を建てよう!と探してはじめてみれば、いい土地は、建築条件付きや分譲がほとんどで、売れ残っている土地は、いわゆるプロが売りにくい癖のある土地などで、それを商売にしているプロすら手をつけていなかったりする魅力ない土地であったりします。

 

そのカタチは、三角形などの変形地であったり、狭い土地(狭小地)であったり、間口も狭く(狭小間口)奥行きが長い土地であったりします。


しかし、このような土地は、きれいな理想の売りやすい土地に比べるといい場所であっても手ごろでリーズナブルな価格であったりします。

 

次項有提案例1 狭小敷地

 

さて、下記のような狭小敷地があれば、あなたなら、どのような家づくりを想像されますか?

 

いい土地がない1.jpg

 

皆さんも建売などのチラシなどで見慣れているプランは、寸法は違いますがおそらくこのような感じのプランを想像されます。 

 

いい土地がない 2.jpg

玄関から入るとホールがあって、洗面脱衣と浴室。1階奥にひと部屋。2階にLDKがあり、3階に2部屋。零細企業であっても、中小や大手であっても大阪市内で提案してくるプランは、どうしてもこんな感じのプランが多くなります。ハウスメーカーであっても、工務店でも、設計をお仕事にしている設計事務所でもおられます。   

 

 「 え!? このプランに何か問題があるの?? 」

 

いいえ、、何も悪くないのです。常識的によくあるプランであり、これであなたのご家族がよければ、それでいいのです。それが、家づくりであり、プランというものです。

 

もちろん、おそらくこのままでは敷地に入らないので、これらのようなプランをベースに、あなたの敷地にあわせたプランニングがされてきます。

 

でも、せっかくあなたは土地を買って注文住宅を建てるのにまるで建て売りの家と同じようなプランでもったいなくないですか?そんな事を感じる方は、このプランを見ておそらく・・・

 

 「 建売と同じようなプランで面白くない!! 」 と感じられる事でしょう。


一方、スポンサーは変われど、ずっと放送が継続している渡辺篤司さんの建物探訪。設計をした建築家の知恵が絞られ、その施工をした工務店の傑作。
(皆さんは、建築家だけではなく、しっかり施工をした工務店や職人さんにもスポット当ててくださいね)

 

もちろん、ありきたりな建て売りで見かけるようなプランなどは、この番組で案内されることはありませんし、作品的に尖っていなくては、こんな家が放送されても、きっと面白くないので誰も見ない事でしょう。 

 

では その違いはなんでしょうか? 

 

これが、いわゆる設計力の違いであり、設計力があるのかないのか?の差となっています。
(ここでは、過剰な工法や提案の事はひとまず棚上げしておきます)

    
では、そんな家は、建築家でなければできないのか?となりますが、そんなことはありません。ハウスメーカーでも、(でも、ほとんどVIP、つまり高額工事のお客さまのみ)設計担当者に設計力が高い人が存在しますし、ご縁があれば、工務店やハウスメーカーにご依頼されても、下手な建築家より、いいプランニング≠する会社もありますし、逆にプランが下手な建築家も存在します。

 

もしあなたが注文住宅を建てるのであれば、資格もないハウスメーカーや不動産会社の営業マン、設計力のない工務店などが出す小手先のプランでなく、まず設計ができる会社や人とのプランニングを固める事からはじめてください。


そんなあなたの意に反する家づくりをする会社は、プランニングという点のみ選択をしなければいいのです。

 

何気ないプランでも、プランに関しては全てが、効率化・経済的・生活動線、そして満足感などに影響してきますので、商談先 依頼先の対応に注意を払ってください。


例えば、先ほどの敷地で設計力のある方が設計をすると次の通りのようなプランになります。これは、間仕切りをできるだけなくして広く使うという狭小敷地のデメリットをカバーできているプランニングになっています。

 

いい土地がない3.jpg

 

外玄関と中玄関。そのスペースには、一本のシンボルツリー、狭く感じない玄関。2階に広いバルコニー・・・普段は広く使って、必要な時に建具で間仕切る。構造体を利用した収納スペース。間仕切り壁も少ないので、広くて経済的です。

 

好き嫌いは別にして、これらは、もっともわかりやすい事例を掲載しましたが、ハウスネットが皆さまによく伝えている設計力があるか、ないかとは、このことなのです。 

 

あなたは、建て売りを買わないで、土地を見つけて、注文住宅を建てるなら、プランニングをあれこれと楽しく検討しながら、家づくりパートナーと心地よく建てましょう。 建築家を含め、設計力が高ければ、敷地のデメリットカバーしてくれます。


こんな発想のプランは、設計力の乏しい設計者が提案するプランや企画住宅では、無理≠ニいう理由、わかっていただけますよね。


もちろん、変わった間取りではなく、一般的な間取りを希望されているなら、それはそれでOKでありますので、くれぐれも誤解しないでくださいね。
ただ、風が抜けないし、明るくない、動線が悪くても、この住宅業界のプロたちは、それでもプランができていると自画自賛≠する人も多いものですから。

 

ただし、変形地や狭小地に関しての注意点ですが、どんな土地でも家は建つ、とはいえないもので、工事車両が入れなかったり、前の道路が建築基準法の道路でないために確認申請の許可がおりないので、建て替えが不可であったりすることもありますのでご注意ください。

 

特にそういった狭小間口や変形敷地などは、ハウスメーカーは得意ではないので嫌います。また現在、家が建っているからといって、同じ大きさの住宅が建つというものでもなく、建っている住宅そのものが、違反建築であるということもありますのでご注意ください。

 

>>>そのような場合の工事は こんな方法があります

 

あなたは、プロ側の都合のいい常識にとらわれないで、無駄のない経済的で楽しい家づくりをしてください。そんな家づくりができるようにハウスネットは、サポートしております。

 

次項有土地サポートページは こちら 

 

 

その他参照ページ:

・狭くても広い家
 ・住宅業界の設計力をカバーするサポート

 

 

電話基本.jpg

ホームページからのご相談は こちら
資料請求は こちら

 

 

 

>>TOPページ