建て替えをお考え1.jpg

 

建て替えをお考えの方にここでは簡単に


1.プランを満足して

2.仕様も要望通りで

3.性能も確保され安心でき

4.ムダのない経済的な家を適正価格で建てる方法


をお伝えします。


これは、どこの会社に尋ねても教えてくれません。その理由は、どの方も自社でできるだけ高額な家を高利益で建ててほしいからで、私がこちらでその方法をお教えします。

 

 

〜プランについて満足する〜

 


建て替えをお考え2.jpgこれは、どなた様にもあたりまえに感じて理解はしていただけるかと思いますが、しかしながら現実には、あなたにとってはじめての家づくりなのでプランについて動線が悪い≠ニか無駄が多い≠ニか非効率なプランであるかなどはわからないものなのです。

 

だから、設計のプロから見ればハウスメーカーや不動産会社の住宅営業マンのようにプロの世界に在籍する素人が書くプランであっても、お客さまには、その善し悪しや問題点などが判断できないのでそのまま受け入れて、住んでから結果的に動線が悪かったり、使い勝手の悪い非効率な家と認識される方が多いものなので、まずこの素人である人がチェックして了承することが問題なので、そのプランの段階で考えられる悪い要素や想定されることを含めできるだけの事をしっかりと考えなければいけません。

 

このプロセスで大切であるこの点を売る側の立場であるプロは、すぐに契約してすぐに着工〜竣工して欲しいのであまりデメリットや悪い点などのご説明をすることはなく(気付いてない場合も多い)そのまま短期間で簡単にプランを決めて、ドンブリ勘定の見積もりを提出して競合先より早く契約して着工へという流れになったりします。

  

ですので皆さんは、できるだけプランはしっかりと時間をかけて作りあげるという気持ちが大切なのです。

 


〜仕様について確認する〜


自分たちが建てたい家の仕様についても、どんな事を希望するのかをよくまとめておいた方がいいです。


例えば、壁などは自然素材で仕上げたい事やパイン床のナチュラルな家を希望されている方が、新建材のフローリングを標準仕様としている会社と商談すると不安や不快になったり希望にあわない家づくりとなります。

 

またプロからの偏った情報で皆さんが高いと思われているのですが、新建材のフローリング(例:パナソニックのフロア)とパインの床材を比較すると原価は新建材の方が高い場合もあります。もちろん無垢材にも色々ありますので、高い無垢材を選ばれれば、仮に新建材のフロアよりも坪1万円高くても貼る坪数分だけのコストアップとなる理屈です。

 

よって、プロ側が企画住宅や標準として決めた仕様ではなく、身の丈にあった希望する仕様にすれば、ご家族の満足度は違うと思われますので、皆さんが希望する仕様をしっかりとまとめられたらいいと思います。

 

それを否定的したり、標準から外れるから…として他社に比べて高い価格を提示する会社はあなたの家づくりをする適正な相手≠ナはないということになります。

 


〜性能について知る〜

 

予算がないからといって、建て売りのように見えない部分の性能を落とす事は注文住宅の場合はおススメしません。しかしながらこの性能もこだわればキリがなく、いくらでも高くなるとも言えますが、例えば断熱材については、同じ性能だからどれも同じ価格というものでもなく、他の素材に比べて価格が安くても同じだけの性能を確保できるものもあったりします。

 

同時に工法なども過剰提案、つまりオーバースペックの工法などをする事はご推奨しておりません。時々フランチャイズの加盟店しか扱えない特殊な工法を採用される方が未だに多いようですが、ハウスメーカーと同じく先々のメンテの時にその工務店やその供給している工法の会社が存在しているとは限りませんなので、基本的に誰でも扱える一般的な在来工法を採用して長期的な事を考えた方がよろしいかと思います。

  

とかくこれらの点でわからないから…としてお任せして、プロに誘導される過剰な家づくりをされる方が多くなる部分でもあります。誰でもさわることができる木造住宅というのは、在来工法とツーバイフォー工法だけなのです。

 

 

〜予算配分について考える〜


経済的な家づくりについては、基本的に皆さんがわかりやすい方法は、広告などで目立つ会社ほど住宅工事価格は高いと言えます。例えば、テレビのコマーシャルなどは、中小や零細会社は無理であり大手の住宅会社(ハウスメーカー)しかできません。


自社ビルと建て、モデルハウスもあり立派なツールもあって営業マンなど色々な人が家づくりに組織的に携わりますが、つまりそれだけ間接的な経費がかかるわけですから、その点に出資をしていない会社より価格が安いはずがありません。

  

最近では工務店でも高額な費用を出して、モデルハウスを建てたり、雑誌への掲載をしていますが、某大手の雑誌などは掲載するだけで100万以上必要となりますので、通常の雑誌での取材という扱いではなくフリーペーパーと同じで広告≠ニ言えます。先ほども触れたように住宅業界でもなんらかのフランチャイズに加盟しているほど営業経費はかかるものなのです。

 

ですから、仮に家づくりが同じ原価としても、それらの広告宣伝に莫大な営業経費をかけている会社と宣伝もしないで口コミや紹介で仕事を続けている会社は、どちらが高くなるか。。。の理屈です。



__sozai__/0011787.png

これらが基本的な経済的な家づくりの考えとなります。
 

意外と家づくりを始めると皆さんは、この大切な部分を見落とされるのですが、やはりなにかと目立つ会社にご依頼されて市場価格より高い家づくりの道を選ばれます。

 

ただ現実問題として、広告をしている会社や口コミ以外で探しようがないので、これもある意味仕方がないとも言えるのですが、そのままでは、いくらでも家の価格が高くなってしまいますし、その宣伝などの営業経費は、家を建てる消費者の方が大きく負担しなければいけないですし、その建て主にとっては、昭和の高度成長期から続くこの仕組みが、非常に無駄が多くあり、理不尽な家づくりが出来上がってしまっているとも言えます。

 

これらを一つ一つ納得しながら吟味しながらしっかり納得して進めていこうというのがこのハウスネットの家づくりの仕組みであります。


価格や予算組も平行に考えながらも、プランについても理解して納得して、仕様も吟味して性能も見えるようにして、しっかりと比較検討して理想の依頼先を選択するという流れになりますが、この流れは営業色が強い会社ほどこれをしっかり吟味されると嫌がります。

  

その理由は、これまでのように自分たちが主導権を握って商談を進める事ができない、都合のいい絵がかけない、高利益・高売上をあげる事ができないなどからなのですが、ちゃんとしているというのであれば堂々とすればいいはずなのですが、これらもおかしいのですが今の家づくりの現実とも言えますが、いずれにしても、しっかり比較さえすれば、すぐに答えはわかります。

 

そんなちゃんとした家づくりしましょう!という仕組みがハウスネットの家づくりサポートなのです

 

電話基本.jpg

 

 

__sozai__/0010596.jpg__sozai__/0010704.jpg