中古住宅(古家)付きの土地を購入する際に注意する点は!?

 

・いろは塾.jpg

 

 

土地から探されている方の場合、中古住宅(古家)付きの不動産情報を得られた方がどこをチェックすればいいのですか?というご質問もありますので、こちらのページでは、それについて書きます。

 

 

中古住宅(古家)付きの場合は、そのままリフォームして暮らす場合か、建て替える場合かの選択肢があるかと思いますが、まずは、リフォームして暮らす場合として、その古家についてこれからも安全に暮らそうとするのであれば、現在の建物の状態をチェックしなければいけません。

 

これに関しては、建物検査員にしっかりと検査をしていただいて、その結果により対策を講じて、できれば保証もしてもらうというカタチが理想であると言えます。

 

さて、この建物検査について、無料で検査や診断する事をサービスとしている事が多くあり、そもそもリフォームをする会社がする検査というのはいかがなものかな?と感じませんか?

 

その検査する会社になんら客観性がなく、リフォーム工事をすることを目的として売り上げや利益をあげる事が仕事であり、目標であるわけで、そんな担当者や会社に検査を依頼すると多かれ少なかれリフォームしましょう!≠ニいう事になるのがあたりまえと言えます。

  

そのリフォーム工事内容は、しなくてもいい範囲までする事になったり、建て替えた方がいい場合であっても、リフォームを進める事になる可能性が高いわけです。


であれば、そもそもの現在の建物の検査を第三者の検査専門の会社にお金を支払ってでもしっかりと見てチェックしてもらって、その結果について、リフォーム会社に見積もりをしてもらい、工事のあとの検査をしっかり見ていただいたら、過剰ではない、ご安心なカタチになるかと思います。

  

しかしながら、中古を買ってそのように検討したくても、これまでは、家を買ったあとでなければ検査はできなかったのですが、これからの時代は、積極的にホームインスペクタ(住宅診断士)に建物診断や検査を依頼できる時代が来ていますし、その情報をもとに簡単なリフォームで済むのか、予想以上に費用がかかるのかを判断することができるようになりつつあります。ちなみに海外ではこれが常識なのですが、その点日本は遅れていると言えます。

 

本来はこのように売主若しくは不動産会社が売り物件に関して、しっかりした検査をして、その結果を含めて売却価格を決めて、販売をしてくれたら買主としては、ある程度の判断もできるので安心して買えるのですが、これまでの日本の不動産売買の仕組みは不思議なのですがこんな発想はなかったようですがやはり時代は変わり、これから先にこの検査が義務化となるようです。

 

いうことで中古住宅(古家)付きを買われる場合は、ご参考にしてください。

 

次にその古家を取り壊して建て替えを検討する際につまり新築の用地として古家付きの土地を購入される場合についてのご注意する点をお伝えします。


古家中古1.jpgまず古家があるという事は、それを解体しなければいけませんので、まずはこの費用が必要となります。最近はこの解体費用は、日常のゴミでも仕分けなどが問題となっておりますが、建物の解体も同様で産業廃棄物としてコストがあがっております。特に昔の建て売りでよく見かける1階が鉄筋コンクリート造でできている中古の場合は(右写真掲載)その解体に大きな費用がかかったり、全棟繋がっていたりして解体ができなかったりしますので購入の際にはくれぐれも気をつけてください。

 

また接する道路についても必ず確認をしましょう。道路後退が必要であったり、それに伴い、道路斜線などで思ったほど建てることができなかったり、そもそも道路ではないので建替えそのものができなかったりする場合がありますので、しっかりした調査をする必要があります。


  次項有 道路について

 

他にこの道路と敷地の関係によっては、工事をする際に工事車両が入らないので手で運ばなければいけない≠ネどのコストアップになる要因があったりしますと同時に大阪市内でよくあります長屋(テラスとも言われます)を切り取る場合、そのお隣の壁の修復費用なども必要であったり、依頼する会社や工法によっては、お隣との間をあける必要があるので、狭小であるにもかかわらずさらに狭くなる場合もありますので、お気を付けください。

 

意外に見落としがちなのが高低差で、見晴らしがいい場所を選ぶと景色や日当たりがいいなどいい事も多いのですが、コストが高くなる擁壁工事も必要になる場合もあったりしますので、敷地だけの価格で安易に判断することはお避け下さい。過去には1000万を超える擁壁工事が必要な方もおられました。その他に前の道路の埋設管(ガス・水道・下水道)の状況についても確認されたほうがいいです。


めったにありませんが、賃貸されている物件を購入する時です。当然出ていくであろうと思われていた賃貸人が出ていかないケースもあったりするようですので、安易に何事も判断しない方がいいという事になります。



電話基本.jpg